2014年02月03日

バスケ オフェンスを優位に展開するコツ ローテーション

バスケ経験者の私でも目から鱗だった“バスケ上達法”はこちらぴかぴか(新しい)

今日は、オフェンスについて書きたいと思います。

オフェンスの目的は”点”を取ること!

ですが、ただやみくもにシュートを打っても得点は入りませんし
いい流れには、なりません。

しっかりとディフェンスを崩してからシュートを打てるかが大切!

オフェンスを優位に展開して、確率の高いシュートに持ち込むために
必要なことは

ディフェンスのローテーションを見極めること

ボールマンのディフェンスが抜かれた場合、近くにいる他のディフェンスが
そのボールマンをチェックします。

この動きがディフェンスのローテーションですね。

マンツーに限らず、ゾーンでも同じようにローテーションします。

強いチームはこのローテーションが正確なので1人が抜かれてもすぐにフリーでシュートを
打たれるということはありません。

オフェンスは、ディフェンスを動かしてこのローテーションにミスやミスマッチを
見出すことが、オフェンスを優位に展開する一つの方法ですね

オフェンスは、コートを広く使いディフェンスを動かすことで
チャンスを作ります。

ディフェンスの動く距離を長くするには、ボールラインの高低差が重要になります。

ボールラインというのは、ボールとサイドラインを結んだ線のことですね。

ボールラインの高さの例を図に示します。

ボールライン_1.jpg

図1は、トップから45度へのパス
ボールラインがさほど上下しないのでディフェンスの動く距離は短いです。

ボールライン_2.jpg

図2は、トップから0度のパス
ボールラインが大きく下がるのでディフェンスの動く距離が長くなります。

一般的いボールラインがフリースローラインよりも下がると
ディフェンスの動く距離は、2〜3倍増えると言われています。

この高低差でディフェンスをより大きく動かし、マークにずれを生じさせましょう。

そして、ローテーションをしてマークを受け渡さざるを得ない状況にさせることができれば
おのずとチャンスは生まれます。

バスケ経験者の私でも目から鱗だった“バスケ上達法”はこちらぴかぴか(新しい)



posted by バスケットボールひろ at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

2014年NBAオールスタースタメン発表

バスケ経験者の私でも目から鱗だった“バスケ上達法”はこちらぴかぴか(新しい)


もうすぐ、2014年NBAオールスター

今回は、イースタンとウェスタンのスタメンのご紹介

・イースタンカンファレンス
G:カイリー・アービング(キャバリアーズ)
G:ドウェイン・ウェイド(ヒート)
G/F:ポール・ジョージ(ペイサーズ)
F:カーメロ・アンソニー(ニックス)
F:レブロン・ジェームス(ヒート)

・ウェスタンカンファレンス
G:ステファン・カリー(ウォリアーズ)
G:コービー・ブライアント(レイカーズ)
F:ケビン・デュラント(サンダー)
F:ブレイク・グリフィン(クリッパーズ)
F:ケビン・ラブ(ティンバーウルブス)

気付いたと思いますが、スタメンにセンターが一人もいません・・・

バスケは、ポイントガードとセンターが大事という私の概念が
ぶっ壊されてます(笑)

注目は
初選出のステファン・カリー!

2009年のドラフト全体7位でウォリアーズから指名されました。

私の大好きなドン・ネルソンHCのラン&ガンオフェンスにフィットして
昨年は、1試合平均22.9得点、6.9アシストを記録

そしてレイ・アレンの持っていたシングルシーズンでの3P成功数記録を更新

2013年から引き続きスタメンの
ウェイド、レブロン、カーメロ、デュラント、グリフィンは鉄板!
コービーは怪我で不出場が確実なので誰かしら代理で選ばれますね。

怪我で言うなら、控えのクリス・ポールも間に合わないかもしれません。


今回の控えですが初出場は、他に4人います。

ポール・ミルサップ(ホークス)
ジョン・ウォール(ウィザーズ)
デマー・デローザン(ラプターズ)
デイミアン・リラード(トレイルブレイザーズ)

控えのセンターで期待してるのは、ブルズのノア
そしてロケッツのハワードあたりですかね

バスケにはセンターが必ず必要という所を見せて欲しいです(笑)

都内でも、NBAオールスターを見ながら飲める企画もチラホラと聞いています。
バスケ観戦がもっとメジャーになることを祈ります。

バスケ経験者の私でも目から鱗だった“バスケ上達法”はこちらぴかぴか(新しい)


posted by バスケットボールひろ at 10:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

バスケ パス練習のコツ

バスケ経験者の私でも目から鱗だった“バスケ上達法”はこちらぴかぴか(新しい)

今日はパスに関して書きたいと思います。

チームプレイが勝敗にとっても左右するバスケットにおいて
パスの重要性は計り知れません。

ドリブルやシュートなどに目が奪われがちですが
パスのスキル向上は、チーム力を高めます。

パスの基本は、正確な強い早いパス

この基本パスを出すには、体全体で力を与えてあげる必要があります。

この時大事なのが、足!

パスをするときは、一歩前に足を出します。
この前に出した足で方向が決まります。

そして残された足が力の源です。
残された足が地面を蹴り、パスが強く早く飛ぶためのパワーを生みますね。


パスには色々と種類があります。

まずはチェストパス!
これは一番基本のパス。

@姿勢を低くして重心を下げます。
A親指と人差し指で三角形を作るようにボールをはさみこみます。(図を参考)

持ち方.jpg

B肩や腕の無駄な力を抜いて、ボールを胸元セット。
C足を一歩前に出して、残された足から前足に体重移動。
D手首のスナップを利かせ、ボールに逆回転をかける。
E指先をパス相手に向けてフォロースルー。

注意点は、
手だけでパスを出さないこと。
肘をはらないこと。

他には、バウンドパス、オーバーヘッドパスなどがありますね。

練習ですが、まずは対面パスをおすすめします。
相手の胸元にボールが届くようにしっかり回転をかけるように意識すること。

そして対面パスで基本のパスができるようになったら、
四角パスやスリーメンといった動きながらのパス練習。

これはパスを空いてるスペースに出さなければいけない。
相手の動きを予測して適切にパス出す能力を磨きます。

そして自分も動いているので、その中で安定したキャッチとパス出しを
体に覚えさせること。

最後にディフェンスをつけた状態で練習ですね。

パスで相手を攻略したときの清々しさをあなたもぜひ体験してほしいと思います。

バスケ経験者の私でも目から鱗だった“バスケ上達法”はこちらぴかぴか(新しい)

posted by バスケットボールひろ at 11:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。