バスケ オフザボールの動き

2014年03月10日

バスケ オフザボールの動き

バスケ経験者の私でも目から鱗だった“バスケ上達法”はこちらぴかぴか(新しい)

バスケの1回のオフェンス時間は24秒と限られています。

その限られた時間の中では、1人がボールを持つのはほんの数秒しかありません。
残りの時間は、ボールを持たずに動いています。

そのボールを持たずに動いている時間があるからこそ、
チームとしてのオフェンスが機能することを知っていてください。

ボールのないところでの動きは、ゴールに直結することはほとんどありません。
ですが、オフェンスを成功させるためには絶対に欠かすことはできないのです。

その動きは3つに分けられます。

1つ目は、フロアバランスを保つ動き
フロアバランスとは、味方同士の距離感のことです。
だいたい4〜6mが最もパスがつながりやすい距離と言われていて
これを保っていくことが人の動きの原則です。

2つ目は、マークのずれをつくる動き
スクリーンなどを使い、ディフェンスローテーションを崩すことが大切。
ミスマッチやノーマークの味方ができれば、そこから攻撃を優位に展開できるからです。

3つ目は、タイミングを合わせる動き
距離を保ったり、ずれをつくったりしても、味方が連動していなければ
全く意味がありません。
全員でタイミングを合わせていくことが大切。

この3つを意識してオフェンスをより機能しやすくしていくと
オフェンスがとても楽になってきます。

バスケ経験者の私でも目から鱗だった“バスケ上達法”はこちらぴかぴか(新しい)



【関連する記事】
posted by バスケットボールひろ at 17:11| Comment(0) | オフザボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。