バスケ シュートレンジを広げる方法 飛距離を出す

2014年03月07日

バスケ シュートレンジを広げる方法 飛距離を出す

バスケ経験者の私でも目から鱗だった“バスケ上達法”はこちらぴかぴか(新しい)

シュートレンジは力の出所とシュートフォームによって決まります。
力、リズム、レンジは、常にお互い密接に関係しているんですね。

まず自分のシュートレンジの限界を知りましょう。

シュートレンジというは、自分の基本的なシュートフォームを
変えることなくコンスタントにシュートを決められる距離のことです。

どうすれば自分のシュートレンジの限界がわかるか!?

1回に1歩ずつ後ろに下がり
その距離でしっくりくると感じるようになったら
自分のシュートフォームが変わっていないかを確認!

自分が自然に感じて、無理せずに
シュートのやり方を変える必要がない、
ゴールから一番遠いところ!

これがシュートレンジの限界です。

そしてどうすればシュートレンジが広がるかというと・・・

あまり力が強くなくても、しっかりとしたリズムを持っていれば、
長い距離からでもシュートを打てるということ!

逆に力があってもリズムが悪いとシュートモーションのときに力が逃げてしまって
シュートレンジは制限されてしまうでしょう。

リズムというは、スムーズなシュートモーションのことです。

シュートモーションが始まるのは自分の両足からです。

両足をしっかり曲げて、シューティングポケットからボールを振りかぶるときに
両足が伸び、ボールをリリースする。

ボールをリリースする際は、手首をしっかりと返して腕を伸ばしましょう。
そしてボールがゴールに届くまで、腕をそのまま上げておく。

あと、自分の足と腕の力で、
シュートに必要な力を作り出しているように見えますが、

すべてを1つにするために大切なのはコアのストレングス(体幹)!
筋トレをして筋力をつけるより、力をきちんと伝達する体幹を鍛える方が
シュートレンジも広くなりますし、シュート率もアップします。

バスケ経験者の私でも目から鱗だった“バスケ上達法”はこちらぴかぴか(新しい)




posted by バスケットボールひろ at 09:47| Comment(0) | シュート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。