フリースローの大切さ 練習の意味 バスケ

2014年03月02日

フリースローの大切さ 練習の意味 バスケ

バスケ経験者の私でも目から鱗だった“バスケ上達法”はこちらぴかぴか(新しい)

今日はフリースローについて書きたい思います。

フリースローを練習する理由として
一番にあげるのは、自信を高めてくれることです。

フリースローラインはシュートに対する自信を養う場所と言われてることを
知ってますか?

何回も繰り返しシュートをすることで、
体に記憶を植え付け、シュートを意識しないで打てるようになる。

自信になると、2本のフリースローで2点稼げるとわかるため
ファウルをもらいたいと思うようになったりもします。

そして次にフォームを学び練習するために最適なんですね。

フリースローは自分のフォームを練習するために。
自分自身のシュートを分析するために。

さらにシュート動作の修正を行うのに、一番良い環境!
適した距離でもあります!

自分のシュートを邪魔するディフェンスもいませんし、
シュートを打つために準備する時間もあります。

またフリースローが試合を決めると言えます。
3点差以内で試合に負けたときは、スコアブックでフリースローの成功率を確認しましょう。

フリースローは、平均して試合総得点のおよそ25%を占めています。
チーム練習や個人練習の25%をフリースローに割いていますか?

普通はしていないと思います。
ですが、意識して練習の前後やある程度の時間を作るといいと思いますよ。

バスケ経験者の私でも目から鱗だった“バスケ上達法”はこちらぴかぴか(新しい)



posted by バスケットボールひろ at 00:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。