リバウンド練習方法 バスケ

2014年02月15日

リバウンド練習方法 バスケ

バスケ経験者の私でも目から鱗だった“バスケ上達法”はこちらぴかぴか(新しい)

昨日は、リバウンドに必要な意識を書きました。

続きです。
今日は、練習方法について書きたいと思います。

まずリバウンダーを目指したい人は、
味方のシュートのクセを覚えましょう。

シュートは人それぞれ違います。
もっと言うとリングに当たったあとの動きは人によって変わります。

ボールのスピン具合
ボールの軌道
強さ

味方のシュート練習のリバウンドをするのが一番手っ取り早いです。
単純にボール拾いと思わず、一回一回意識してボールを追い
予測してリバウンドをしましょう。

これだけでもかなり変わってきます。

そしてリバウンドに必要なスキルは、スクリーンアウト

スクリーンアウトで大事なことが二つあります。

@シュートの瞬間を見極めること。
Aマークマンの位置を把握すること。


この二つを常に見続け、
タイミングよくスクリーンアウトをしなげればならない。

これは、ゲームや3対3の中でも練習できます。
スクリーンアウトのタイミングを体に覚えさせましょう。

ガード陣に関しては
ランニングリバウンドを防ぐというのが目的なので、
背中で背負うというゆうより、
正面もしくは半身でスクリーンアウトをするといいですね。

ランニングリバウンドにいくタイミングをずらせれば成功です。
体を一度ぶつけたり、ランニングにくるコースに体を入れたりすると
防ぐことができます。

最後に簡単な筋トレですが、
リバウンドが強くなるには、背筋が重要になってきます。
逆立ち歩きをオールコートで1往復するだけでかなり違います。

バスケ経験者の私でも目から鱗だった“バスケ上達法”はこちらぴかぴか(新しい)



posted by バスケットボールひろ at 15:50| Comment(0) | リバウンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。