バスケ Cカット ボールのもらい方

2014年02月10日

バスケ Cカット ボールのもらい方

昨日に続き、ボールのもらい方の一つカットプレーを紹介します。

Cカット

ディフェンスの背後をとって相手をひきつけて
Cの字を描くように元に戻る。

Vカットに比べて動きが大きく時間がかかり、パスのテンポは遅くなりがちです。
ですが、その分マークを外す効果は高い

特にポストを利用したCカットが多く使われます。
ポストを回り込むようにC字を描くことで、
自然とスクリーンプレーになるため、ディフェンスの対応が難しくなります。

注意点は、ボールをもらうまでに時間がかかるので
スピーディーに動いてパスを受けないとパス回しのテンポを乱してしまう。

ディフェンスの背後を取ったら、できる限り小さく速く動くようにするといい!

Cカットプレー.jpg

図の説明
@ポストの味方の方向へカット
Aポストマンを回り込むようにしてターン
Bボールをもらう


明日は、ボールのもらい方カットプレーシリーズ
最後のボールサイドカットを紹介します。


posted by バスケットボールひろ at 19:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。