バスケ Lカット ボールのもらい方

2014年02月09日

バスケ Lカット ボールのもらい方

バスケ経験者の私でも目から鱗だった“バスケ上達法”はこちらぴかぴか(新しい)

昨日に続き、ボールのもらい方の一つカットプレーを紹介します。

Lカット

Lカットをよく使う場面は、スローインからのリスタートやディフェンスが密着して
パスコースがない状況など確実にボールを貰いたい時!

IカットやVカットと異なるのは、半身の姿勢が基本という所。

半身状態でディフェンスと接触して片腕で相手をしっかりブロックして1mくらい押し込みます。
その後に、L字を描くようにボール方向へ移動。

接触プレーによってボールをもらうスペースと時間をつくるから
動きのスピードや大きさよりも、L字に動く時のタイミングと角度が最も重要!

気をつけてほしいのは、
ターンの動きだしとパスのタイミングずれたり
角度がV字に近くなったりすると
インターセプトされやすくなります。

Lカットプレー.jpg

図の説明
@ディフェンスに体をぶつけながら1mほど押し込む。
A相手を押し込んだら真横に動く
Bボールをもらう


次はVカットやLカットでマークを外せないときに使う
Cカットをご紹介します。

バスケ経験者の私でも目から鱗だった“バスケ上達法”はこちらぴかぴか(新しい)




posted by バスケットボールひろ at 20:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。