バスケ インサイドの技 スピンムーブ 

2014年01月31日

バスケ インサイドの技 スピンムーブ 

バスケ経験者の私でも目から鱗だった“バスケ上達法”はこちらぴかぴか(新しい)

今日はインサイドプレイが強くなる技をご紹介。

スピンムーブ

スピンドリブルやリバースターンとも呼ばれますね

ローポスト付近でボールをもらった時の1ON1のスキル。
重要なのは、背中でディフェンスがいる位置を感じることです。

ターンしたい方向にスペースがないといけません。
ディフェンスの位置を確認し、ターンしたい方向にスペースを感じたら
ワンドリブルで素早くスピンをして相手を抜き去ります。

スラムダンクの赤木が、全国大会を前に新しい武器として
練習していた技でもあります。


NBA選手でこのプレイが得意なのは、現役選手で言うと
最近1試合62点を叩き出したカーメロ・アンソニー。

私が推すのは、現役ではありませんがアキーム・オラジュワン

スピンムーブとポストプレイを融合させたドリームシェイク

見ていて惚れ惚れします。

動画はこちら→http://www.youtube.com/watch?v=QeXMhlfx17A

これほど柔らかくポストプレイをこなす選手は、中々現れません。

練習はとにかくポストプレイの反復練習です。
背中でディフェンスを感じるところと
ワンドリからのスピン

これを体に覚えさせましょう。

私の大学の先輩は、スピンムーブを試合後半の絶対に点が欲しい時に使うため!
前半は、あえて、スピンムーブでターンする側と反対側にワンドリで押し込んで
勝負をしてました。

なので、余計に後半のスピンムーブにディフェンスはついてこれていませんでしたね。

インサイドプレイヤーにはぜひ身につけて欲しい技ですね。

バスケ経験者の私でも目から鱗だった“バスケ上達法”はこちらぴかぴか(新しい)



posted by バスケットボールひろ at 17:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。