バスケ ラン&ガン

2011年11月24日

バスケ ラン&ガン

バスケ経験者の私でも目から鱗だった“バスケ上達法”はこちらぴかぴか(新しい)

オフェンスを主体とするバスケ戦術の代表的なものが
ラン&ガンです

取られたら取り返すexclamation×2

といった感じで、縦パス一本でシュートに持っていったり
ディフェンスリバウンドを取ってからのスタートが早く、
速攻からのアーリーオフェンスが主体ですぴかぴか(新しい)
オフェンスに切り替わった瞬間5人全員が走り出し、パスをつないでいきまするんるん

つまり早い展開でひたすら点を追い求める戦術exclamation×2

味方に万能型(走力、遠距離のシュート力、体力)の選手が多いことが
求められます

5人全員が同じ役割をするので、個性よりもチーム力が必要です

また正確なパスと走るコースが大切になってきます
ただやみくもにゴールに向かって走っても意味はありませんexclamation×2
ディフェンスを自分に集中させ仲間を活かすプレイも必要ですぴかぴか(新しい)

これは反復練習でしか身に付けることができません
練習の中で自分たちだけのスタイルを作りましょうグッド(上向き矢印)

ラン&ガンはとても攻撃的なので、その分大量失点する可能性がある戦術なのですあせあせ(飛び散る汗)
自分たちの攻撃時間が短い分、相手チームの攻撃回数が多くなってしまいます

NBAで、”ラン&ガン”を用いた代表的なチームは、
80年代では、マジック・ジョンソン率いるロサンゼルス・レイカーズぴかぴか(新しい)

"ショータイム"と言われるラン&ガンで一世風靡


90年代では、ドン・ネルソンHC率いるゴールデンステート・ウォーリアーズるんるん

ティム・ハーダウェイ
ミッチ・リッチモンド
クリス・マリン

この3選手全員が、1試合平均20点以上、平均10アシストを記録しています


SLAMDUNKの豊玉高校が用いた戦術で一気に有名になりましたねるんるん
北野監督の名言

わいのバスケットはラン&ガンや
高校のたった3年間で
できることなんか限られとる
全部やろう思てもムリや

そやから豊玉の練習は
オフェンス8に
ディフェンス2くらいのもんや

そらあ 批判もあるけどな
そんでええのや

その方が

バスケットを好きになってくれる

バスケ経験者の私でも目から鱗だった“バスケ上達法”はこちらぴかぴか(新しい)



posted by バスケットボールひろ at 10:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。